子供の為に親の為に進化する携帯サービス

親と子供が安心して使えるスマートフォン

簡単な操作で安心して使える工夫

子供が使いやすく安全に守られたスマートフォンにするには、サービスの制限をするだけではいけないのかもしれません。
使う子供がしっかりとスマートフォンの使い方について知っておく必要があるのです。
一番重要なのは、電話帳に必要最低限の人しか登録をしない事です。
本来友達と言っても子供が携帯を持ち始めてすぐに、親が知らないお友達を自分の携帯電話に、電話帳登録する必要もなく、子供の年齢が小学生の場合は特に、学校のクラスの親が連絡の共有ができる連絡網がある学校が多いので子供同士の連絡の取り合いは必要ないからです。
子供のうちはジュニア携帯ではなくても親の監視のもと、ある程度の決まりは作っておくほうが良いでしょう。

危険だと思った時に役に立つ携帯

学校の登下校や、子供達だけで遊びに行く時にジュニア携帯はとても便利な機能をつけています。
スマートフォンには残念ながら防犯ブザーの紐は付いていませんが、防犯ブザーというアプリがありますので安心です。
音をダウンロードするところで検索ところに防犯ブザーと入力し検索してみてください。
どれにしようか迷ってしまうほどのアプリがあります。
スマートフォンを契約する際にショップの方に様々な防犯対策のサービスを紹介されるでしょう。
この時点でもう十分なほどの防犯対策は整っています。
しかしそのスマートフォンを使うのは子供です。
分かりづらいのであれば自分でアプリをダウンロードするのも良いかと思われます。
自分が使いやすい防犯対策のアプリを親と一緒に決めていきましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る